県議選青森市区から県政に挑戦。日本共産党青森県議会議員候補「よしまた洋」の公式ホームページです。

よしまた洋のモットー

よしまた洋のモットー

よしまた洋プロフ写真002

希望ある日本を、国民とともにつくる

──これが私のモットー(信条)です。

日本共産党に入党したのは18歳の誕生日の日でした。
戦前の暗黒政治のもとでも、平和と民主主義、国民主権の旗を命がけでかかげつづけた日本共産党員の姿にふれ、「こんな生き方がしてみたい」と思ったことがきっかけです。
旧ソ連や中国毛沢東派など権力を握った他国からの乱暴な干渉にもまけず、「真理はここにあり」と自主独立の立場でがんばりぬいた日本共産党の歴史にほれこみました。
何より、日本の社会変革を、一歩一歩、国民の多数者の納得と合意で進む、という綱領路線に魅力を感じました。
だって、世の中の主人公は、一部の権力者でもなく日本共産党でもなく国民です。
その国民とともに、「国民が主人公」の世の中をつくろうと思えば、国民自身に働きかけ、その多数者の意思で新しい社会をつくることしか道はありません。
そう合点がいったとき、自分の生き方と社会進歩を結び付ける道がここにあるんだ、と納得できました。

いま、「共産党は実は暴力革命を考えている」と言う人がいます。
政府までが、そういう答弁をしました。
バカにするにもほどがあります。
私や私のまわりの共産党員が毎日がんばっているのは、国民とともに世の中をかえるということにやりがいを感じているからです。
苦労はもちろんあります。
でも、そこにしか社会をよくする道はないと思っています。
暴力で革命に踏み出し、一丁あがり、で社会が変わるなどと──そんな単純に世の中を考えている共産党員は一人もいません。

希望ある日本を国民とともにつくる──「国民とともに」のなかには、立場の違いにとらわれず、文字通り国民自身が新しい世の中をつくるという思いがあります。
私は青森県で、保守的な立場の方々との懇談を大事にしてきました。
政治的立場の一致を懇談の前提にしたことは一度もありません。
日本の社会で暮らす各界の方々の意見を率直に聞き、私たちの活動の糧としたい。その思いでいろいろ学ばせてもらっています。

これまでもこれからも、立場の違いを超えてともに新しい世の中をつくろう──こういう働きかけをひろげていきたいと思います。

よしまた洋公式twitter

関連リンク

日本共産党リンクバナー
しんぶん赤旗リンクバナー
高橋ちづ子リンクバナー
いわぶち友リンクバナー
紙智子リンクバナー
PAGETOP
Copyright © よしまた洋選挙事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.